青汁のアトピーと放射線への効果

MENU

青汁のアトピーへの効果

青汁が効果を発揮する病気にはアトピーがあります。

アトピーとは…

主にかゆみを伴う慢性的な皮膚疾患です。花粉症のようなモノから食物アレルギーまで幅広く存在します。アトピーは「免疫の過剰反応により免疫細胞が自分自身を傷つけてしまう」事で発症します。近年増加傾向にあるのが特徴です。

 

アトピーと言えば思春期位までの子供を連想するように患者の8割は五歳までの幼児期に発症します。従来はアトピーは抵抗力が付くに従って自然治癒すると考えられていました。しかし、最近は成人しても治癒しないケース…あるいは成人してからアトピーを発症する例が増加しています。

 

アトピー性皮膚炎の患者の中で青汁を飲む習慣のある人は「血中好酸球数、血清IgE」共に低い数値でした。この血中好酸球数と血清IgEが低い程、アトピーは緩和される事が分かっていますので、やはり青汁にはアトピーの症状を和らげてくれる効果があると期待できます。

 

青汁の放射線への効果

 

青汁の効果として注目が高まっているのが「放射線への予防策として青汁を飲む」ということです。福島原発事故によって東日本全域に拡散している放射性物質の被害は、アトピー同様子供に多く現れます。

 

放射性物質はなぜ子供に被害が出やすいのか?

理由@ 「子供は背が低いから」
放射性物質は空気よりも重い為に地面の周辺に溜まりやすい性質を持っています。背の低い子供が近寄れば当然濃度の濃い放射性物質を吸いこんでしまいます。

 

理由A 「子供は細胞分裂が活発だから」
放射性物質は体内に取り込まれると放射線を出し細胞のDNAを傷つけます。このDNAが正常に復元されない場合は「ガン細胞化」します。

 

子供の体は成長期のため細胞分裂が毎日活発に行われています。ゆえに悪い細胞が一つでも出来るとその増殖もとてつもなく早くなります。

 

つまり・・・

 

一度ガン細胞が生まれると子供の中ではそれが猛スピードで増殖してしまう

 

ということです。

 

これを防ぐ為には青汁の成分が有効です。青汁の成分クロロフィルは体内の老廃物を体外に排出する力があります。それに放射性物質セシウムやストロンチウムは人間の必須元素であるカリウムやカルシウムに似ています。

 

その為に体内に取り込まれやすいのですが、青汁にはカリウムやカルシウムが豊富に含まれています。何が言いたいのかというと…

 

人間の体は必要以上の栄養素を体外に排出する機能があります。

 

ですから「体内に充分カルシウムやカリウムがあれば放射性物質は入ってきてもすぐに排出させることができる」ということです。体内にこの栄養素を充分取り入れる方法はどんな方法でもいいのですが、やはり青汁が総合的に見て一番効率よく摂取できる食品だと言えます。

 

 

このように、青汁はアトピーにも放射性物質にも効果を期待することができます。大事な子供達をアトピーや放射性物質の被害から守る為にも、青汁の摂取をお薦め致します。